最も美しい思想も、最愛の恋人も描きとどめていなければ、我々を避けてゆくえも知れず遠ざかっていく。「読書について」ショウペンハウエル, 1851, 思索12